建物診断・劣化診断|マンション修繕工事|大規模修繕の頼れるパートナー|大京穴吹建設

建物診断・劣化診断

Q. 自分のマンションに最適な提案をしてくれるかしら?

A.

皆さまの想いを見える化し、カタチにする。
プラシディアならではの仕組みがあります。

マンション新築供給戸数、管理受託戸数ともにNo.1の大京グループのノウハウと新築施工を数多く手掛けて蓄積してきた技術を結集。皆さまの身近で暮らしを見守ってきた管理会社の視点をもつ私たちならではの実情にあわせた最適な提案をします。

劣化状態や快適性の状況など、
マンションの現状を把握するための情報を提供します。

こんな症状に気づいたら、建物劣化診断を。

  • チョーキング
  • 白華現象
  • クラック
  • 鉄筋爆裂

建物劣化診断

建物劣化診断は、マンションの健康診断のようなものです。お住まいの皆さまのヒアリングにはじまり、外観の目視や打診など、「プロの眼」で状態を把握する一次調査、タイルの付着力やコンクリートの中性化などを詳しく調べる二次調査というステップで行います。

外装タイルの打音調査

外装タイルの打音調査

打診棒を用いてタイル面の浮き等の不具合を調べます。

外壁タイルの付着力試験

外壁タイルの付着力試験

機器を使ってタイルを引っ張り、付着強度を調べます。

コンクリートの中性化試験

コンクリートの中性化試験

建物に穴を開け、試薬でコンクリートの中性化の状態を調べます。

シーリング(緩衝材・防水剤)の調査

シーリング(緩衝材・防水剤)の調査

サッシ回りや壁面のシーリングの劣化状態を調べます。

給水管・排水管劣化診断

リニューアルが必要なのは外観・床・壁だけではありません。
水の出が悪い、水の流れが悪い、漏水、臭い等、マンションの年数経過とともに配管の劣化も進行しています。
毎日使う水だからこそトラブルなく清潔な状態を維持していくためにも、給水管・排水管劣化診断を提案いたします。

1.診断箇所

図のような箇所について、管内のカメラ調査や配管の一部を取り出す抜き取り調査を行い、錆による配管の詰まりや、腐食による穴空き状況など劣化状況を確認します。そして資金計画と合わせ、最適な改修工法を検討していきます。
※マンションの形状によって調査箇所は異なります。

概念図

2.給水管劣化診断

メーター回りの調査

メーター回りの配管を切り取り、または抜き取りを行い、内視鏡で配管内部の様子を確認します。あわせて抜き取りをした配管を半分に割り、内部の状態を目視で確認します。

メーター取り外し 立て管内の内視鏡調査
復旧後の状態 抜き取りサンプル
専有部内の調査

水栓器具を取り外し、内視鏡で配管内部の様子を確認します。該当の住戸の方にはご在宅をお願いすることになります。

立て管内の内視鏡調査 内視鏡調査、管内状況

3.排水管劣化診断

排水管の調査

配管経路に応じて、専有部内やピット内で、目視調査、内視鏡調査、抜き取り調査等を行います。

内視鏡調査 内視鏡調査、管内状況
横枝管調査 抜き取り調査

給水管・排水管改修工事を見る

快適性診断

皆さまの声を多く聞いてきた私たちの実績から生み出された独自の診断です。8項目の指標から、現状の居住環境の快適性や安全性、将来へ向けた改善の可能性を診断。マンションだけでなく医療・介護福祉施設の新築も数多く手掛けてきた経験を活かして、年齢を重ねても安心して快適に住み続けられるアイディアを提案します。

セキュリティ/災害対応/高齢化対策/コミュニティ/環境エネルギー/利便性/デザイン/ローメンテナンス

社内検討/現地調査/医療・介護福祉施設の新築によるノウハウの蓄積

大京穴吹建設では無料調査し、お住まいのマンションの劣化状態や建物の状況を確認の上、コンサルティングします。
お気軽にお問い合わせください。

▶お問い合わせフォーム

NEXT

現地確認後は、みんなの想いをカタチにしていきます。