タワーマンションの大規模修繕|マンション修繕工事|大規模修繕の頼れるパートナー|大京穴吹建設

延べ5,000棟以上の分譲マンション大規模修繕工事実績によるノウハウを生かしたタワーマンションの大規模修繕

タワーマンションの大規模修繕

超高層マンション、いわゆるタワーマンションは、1997年の建築基準法改正による規制緩和により、全国で数多く建設されるようになりました。
タワーマンションは、共用部が充実しており、眺望がよく都会的な暮らしができることで人気があり、特に2003年から2010年にかけて急激に増加しました(国土交通省「平成27年度 住宅経済関連データ」不動産経済研究所調べ)。
マンションの大規模修繕工事は、竣工から12年前後で1回目の修繕工事を迎えることが多く、2000年前半に竣工したタワーマンションが、まさに大規模修繕工事を迎えるタイミングです。
タワーマンションの人気は衰えず、新たな建設が続いているので、今後もタワーマンションの修繕工事の需要は続くとみられています。

大京穴吹建設でのタワーマンションの大規模修繕受注実績

大京穴吹建設では、延べ5,000棟以上(※1)の大規模修繕工事で得られたノウハウを生かし、20階建て以上のタワーマンションの大規模修繕工事を全国各地で着々と受注しています。
※1:2000年〜累計。大京アステージ・旧大京建設・旧穴吹建設の実績を含む。2018年3月現在。

実績数全国で13件

※2018年7月末日現在

タワーマンションの大規模修繕の難しさ

タワーマンションは戸数も多く、外観の形状もさまざま。
また、中低層のマンションの修繕とは工期も進め方も異なることから、その進め方や管理組合内の合意形成方法等についてはメディアも注目しており、事例が新聞やテレビ等でも取り上げられることが増えています。

難しいと言われる主な要因は次のとおりです。

  • 物件ごとの個別特性が強い(デザイン・共用部)
  • 超高層に対応した仕様の選定や施工の工夫が必要
  • 世帯数が多く、合意形成が困難になるケースがある

大京穴吹建設が実施する
タワーマンションの大規模修繕工事の特徴

  • 1タワーマンションでの日常生活の特徴を捉えた計画

    お住まいの皆さまの生活スタイルを配慮した修繕計画を提案します。

  • 2タワーマンションならではの仕様選定

    お住まいのマンションに合わせて強風対策や使用する材料の選定を行います。

  • 3タワーマンションならではの仮設計画

    修繕工事期間中のお住まいの皆さまの安全を確保するために、危険エリアの対策を綿密に行います。

  • 4タワーマンションならではの工程計画

    長期に渡る修繕工事を効率良くスムーズに実施するために作業計画を立てます。

  • 5消防、役所との事前協議のノウハウ

    公開空地やホバリングスペースなど、事前に役所などの関係各所と連携して安全対策を行います。

タワーマンションの大規模修繕工事のイメージ

工程表・工区分けの工夫
工程表・工区分けの工夫
修繕工事風景
修繕工事風景
公開空地安全対策
公開空地安全対策
バルコニー飛散防止
バルコニー飛散防止
ガイドレール式ゴンドラ
ガイドレール式ゴンドラ
隔て板開放
隔て板開放

大京穴吹建設では、お住まいのマンションの劣化状態や建物の状況を確認の上、コンサルティングします。
お気軽にお問い合わせください。

▶タワーマンションの大規模修繕の相談をする

NEXT

大京穴吹建設のマンション大規模修繕工事で何ができるの?

総合ご案内窓口お電話でのお問い合わせ先

マンション売買・管理・工事・生活賃貸・リフォームに関するお問い合わせ

大京グループ「くらしサポートデスク」

0120-264-406

9:00〜19:00(年末年始除く)

くらしサポートデスクのご利用方法はこちら

ご意見・ご要望

大京 グループお客さまセンター

0120-654-324

9:00〜19:00(年末年始除く)

大京穴吹建設へのご相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

いまなら無料カタログプレゼントいまなら無料カタログプレゼント

ご相談・お問い合わせフォーム

MENU